長らく掲載してきました新潟・群馬・長野 の旅も最後の更新になります。
更新が滞ってた期間を入れてお付き合い有難うございましたm(__)m

さて、最後は新潟の 駒の湯温泉 「駒の湯山荘」です。
ランプの宿として宿泊すればぬくもりがある秘湯として認識していました。
そして、アルカリ性の優しい源泉が毎分2000リットルも湯船にかけ流されている混浴です。
只、源泉の温度は低くて33℃との事です。
後で紹介しますが、源泉に入りその後温かい沸かし湯に入る事が出来ますので
夏の暑い季節は源泉の温泉は心地よく湯浴みできると思います。

宿泊すれば川沿いの混浴露天風呂、混浴内湯と湯浴みが出来て、
夜はランプの灯火下で情緒を感じながら良い雰囲気で湯浴みが出来て、
泉質も女性の化粧水に使われる位柔らかな肌触りでお肌にも良いとの事です(^^♪

私達は本日帰路に着く為、日帰り温泉の利用となりますので、
宿泊者専用の湯船は入ることが出来ませんが、
日帰り入浴は専用の混浴露天と男女別の内湯があり、
露天風呂は湯船の真ん中からふんだんな源泉が噴水のように出ていて、
魅力的な湯船で少し距離はありましたが絶対行こうとカムと話をして
今回の来訪となりました。





IMG_1356
群馬 法師温泉を出て魚沼から山を越え、さらに山中を車で走り到着しました(^.^)





DSC00300
宿の向かいの駐車場に車を置き、一面、山々に囲まれている秘湯感にワクワク!!




DSC00291
宿の外観と右奥に見える建物が日帰り入浴施設です。




DSC00286
宿の入り口。

日帰り入浴の受付をして、いざ(^^♪




IMG_1346
あっ!
取り敢えず、カムと記念撮影を(#^.^#)

駒の湯山荘ですが、冬季は休業のようなので調べてきてくださいね!





DSC00021
手作り感の雰囲気良い日帰り入浴施設ですよ。

男女別の脱衣所が

そばまで来たら、何やら男性の話し声が聞こえてきます。

てっきり、貸し切り状態と勝手に思いこんでましたから
入浴者がいて反対に楽しみな心でのれんを潜りましたね(^.^)




DSC00027
のれんを潜るとすぐに脱衣スペースがあり、壁も敷居も無い空間に露天風呂があります。




DSC00031
脱衣スペースから見える露天風呂で~す(*^。^*)

湯船中央部分から40cm位源泉が吹き上げてます。

既に男性3名が入浴中でした。





DSC00036
その3名の男性達にあいさつをして、世間話をしながらカムを待っていたら、





DSC00211
左側のドアは男性入り口、右側にドアは女性の脱衣所に続くドア、
ここからカムが現れますね!

カムの登場!!
一応、お股の部分はタオルで隠して、胸は隠さずそそくさと湯船の方へ(^^ゞ

男性陣3名は一瞬、目が点(笑)

カムは脚を組みながら中腰で掛湯をして入浴!

男性3名は口数が減り、5分も経たずにそそくさと湯船から出て着衣をして
挨拶を交わして退室してしましました。


さて、カムが入って来た事によりご迷惑をかけただろうか?
カムがおばちゃん体型で拙い身体をしているので、見るに忍びないのだろうか?
それとも、私達に気を使って早めに出て行ったのだろうか?
多様な考えを心で考えながら、なんか申し訳ない感じになりました(>_<)
でも、十分湯浴みしたので出て行かれたとも考えられるので、
気持ちを切り替え、撮影を開始した次第です!




DSC00056
5月の下旬なので、この日は外も涼しめ
泉温は33℃ですから、入った時はぬるいと言うよりは少し冷たい感じもあり、
長湯は出来ないと感じながら湯浴みしてましたね。



DSC00132
泉量は見ての通り豊富で、湯船から川の流れのようにこぼれ出て、
新鮮な柔らかな源泉が身体に染渡るような感じで楽しめた次第です。

これで、温度が高ければ最高なのですが!




DSC00161
露天風呂のすぐ横に気の二が掛かっている湯船がもう一つ!

温度を確認したら露天風呂と同じくらいの温度で、何やら張り紙があり、




DSC00157-vert
ふむ、ふむ、・・・・・!

早速、身体を温めたかったのでお湯を半分ぐらい抜きまして
お湯の出る蛇口をひねると、しばらくすると熱いお湯が出てきて
適温になるのを待ち入浴(^^♪





DSC00079
源泉で湯浴み後、別湯船で体を温めて上がるシステムなのです。
カムも体が冷えたのか暖かな湯船に入り出ようとはしない雰囲気で、寛ぎ始めましたね(笑)

先程の3名の方達はそのまま出て行ったのが頭によぎりましたね!

私達は1時間位楽しんだので(温度が低くても長湯はするんです)(^^ゞ
帰りの飛行機の時間もあるので出るここにして、
貸切だったので女湯の方も拝見しました。




DSC00188
女湯は半露天風呂になっていて小ぶりの湯船に源泉は抱負に流れ
横には小ぶりな温湯がでる湯船が併設してました。




DSC00163
美人の湯と山江が着いている温泉では、カムは長湯する傾向が感じられますが、
肌も良くなり美人であれば、男性陣もすぐには出て行かないような気が(笑)

カムの無駄な努力、でも温泉は良いのは絶対ですよね(^^♪



DSC00196
最後にカムもあたたまって、〈本当は撮影の為、あたためる時間が無くて冷たいのです〉
この温泉を後にすることにします。




DSC00144
この記事、この旅の最後の画像になります。

滑らかな源泉に1時間も身を包んで、新潟空港から道内に戻る前に
この温泉まで足を運んで良かったとカム共々満足して
また、日常生活へと戻るためらいに拒絶しながら帰路へと着きましたよ。

長らくこの度の記事へお付き合い下さりありがとうございましたm(__)m

新潟・群馬・長野  湯巡り旅は最高に良い温泉と思い出になりました(*^。^*)

まだまだ、行きたい温泉がありましたが機会を設けて再訪します。



いつも、応援ありがとうございます(^^)

ブログ村の「混浴温泉」「温泉」ランキングに参加してます、下記バナーのどちらかををポチッと、
ご協力お願いしますm(__)m

「続きを読む」前にも一息ついてポチッとお願いしますm(__)m


    にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ  
     にほんブログ村

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。